<マッドクリーン> による
建設汚泥・浚渫汚泥再生処理工法

《グリーン購入法判断基準適合工法》


 建設汚泥・浚渫汚泥再生処理工法は、各種建設工事や浚渫工事で出た汚泥を産業廃棄物と して処分するのではなく、再度良質な土壌に再生し、それらを有効利用(現場内利用・販 売)することにより、建設コストが削減できるばかりでなく、環境面からも資源のリサイク ル(3R)や産廃処分場の負担軽減等に貢献します。




処 理 工 法

 建設汚泥・浚渫汚泥再生処理工法は、弊社の安全無害なペーパースラッジ系固化材 (マッドクリーン)をバックホー又はスタビライザー等にて対象土(建設汚泥)と混合攪拌 するだけで、土質が改良され、良質な改良土に再生するものです。 マッドクリーンは、無害化されたペーパースラッジ灰(製紙汚泥焼却灰)を主原料としているため、有害物質 を含まず、イオン交換作用によりペーハー(ph)も中性域を維持するので、環境に優しい固化材と言えます。 改良された再生土は、植生可能で吸水性・透水性に優れ、雨が降っても泥濘しない土 質となります。







再生可能汚泥

   ● 含水率の高い汚泥

   ● 浚渫汚泥や畜産汚泥などの有機質を含む汚泥

   ● トンネル工事等で出たベントナイトを含む汚泥

   ● 基礎工事等で出たセメントを含む汚泥

   ● ガソリンスタンド跡地等の油分を含む汚泥

   ● 重金属類で汚染された汚泥(スーパーマッドクリーンで処理)




浚渫汚泥再生工事例

浚渫ヘドロを上げた状態 ヘドロにマッドクリーンを散布
ヘドロ攪拌状況 ヘドロ攪拌後の状況
改良攪拌後、地盤整地状況 ヘドロを上げた後のえん提盛土状況

ペーパースラッジ系中性固化材(マッドクリーン)の詳細ページへ





見積依頼・ご注文・お問合せは、直接下記までお電話ください。



トップページ 商品・技術 お問い合せ

Copyright (C) 2019 Bestway Inc.. All Rights Reserved.